上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.18 算数
現在、ぺろはパソコンを使う算数教室に通っています。

算数につまづいてしまう子供の為の教室で、スムーズに算数を解く為に何が足りないのか
気づかせて頂けます。

学校で、答えが5までの足し算(2+3など)を繰り返し練習させて頂いているので
そこまでは完璧。
試したところ10までの数
  
 ○○○○○
 ○○○○ 

を見ただけで、数えなくても9!と言える。
(ですので、繰り上がりのない足し算を身につけられるレベルであるようです。)

次は

 ○○○○○
 ○○○○○
 ○○○

を見ただけで13!と答えられるようになれば繰り上がり、繰り下がりが理解できるそうです。
まずは、繰り上がりのない答えが10までの足し算をしっかり身につけてからですが(^^)

ぺろは、2年生ですので周りのお友達は九九を習っています。
今、学校では九九って曲に合わせて覚えさせてくれるんですね。
学校の先生には
「まだ、全然掛け算のレベルじゃないんですけども…。」
とお話しましたが、音楽好きのぺろは九九の曲に興味を持っているそうです。
苦手な数の事ですから全く興味を示さないと思っていたので、母は嬉しくも意外でした。

掛け算を図にすると、2×3なら

 ○○○
 ○○○

となるのですが、さすがにぺろにはまだまだ(^^;)
つまり、九九という曲は覚えられても掛け算としては使えない、という事なんです。
でもせっかく、九九の曲に興味をもっているのでそれはそれとして曲として覚えて良いそうです。
いつか、ぺろが掛け算の意味を理解できたときに活きてきますもんね。

ただ、プリントなどで掛け算の問題を解くことは今は避けましょうか…という話になりました。 

2+3=5                   2×3=6
 
 ○○ ○○○                 ○○○
                           ○○○ 

この違いがまだぺろにはさっぱりですから。
2と3だけ見て、答えが5なのか6なのか、揺れると思うのですね。

2+3=6

と書いてしまって、大人は
「違うよ」
と訂正するでしょうが、ぺろにしてみれば2と3でしょ!違うって何!?
となりそうなんですね。
そして、ますます算数に苦手意識を持ちそうです・・・

一体、ぺろが算数のドコにつまづいているのか、どう教えてやれば良いのか途方に暮れている時に
算数教室に通い始めたので、親子でほっとしています。
理解できない教え方では、教える方も教えられている方も苦痛ですもん。                         
毎日、親子でパソコンに向かって勉強してますし、繰り上がりのない10までの足し算も
普通の子供よりもずっとたくさん繰り返さなければいけませんが、意味のある努力です。
今まで、母が無理矢理教えてきたことは多分ほとんどが、身につかない無意味な努力
(特に算数)

本人が苦手なことでも身についたコトって、少しずつ段階を踏んでいってクリアしたことなんですよね。

どんな風に頑張れば良いか教えて下さる算数教室に出会えたこと、ぺろに繰り返し繰り返し
算数を教えて下さり、また九九に興味を持たせてくださった学校の先生に出会えたこと。

感謝感謝の毎日なのです(^^)
算数教室の月謝すっごい高いんですけどね…f(^^;

              

ランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。