上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.28 囁きあう母子
一週間前にひいた風邪が治らない母、ぽぎぽぎです。
こんなに長引くのは久しぶりで、さすがに病院に行きました。
気管支炎になってました(-д-;)
肺炎までいってなかったのでヨシとしましょう。(前向き~)

そんなこんなで、しゃべるのがツライです。
できることなら、貝になりたい。(おおげさ)
でも、そうも言ってられないので苦肉の策として囁いております。

20100226-1.jpg
20100226-2.jpg

健康なぺろ つられて囁く。
囁きあう 変な母子。

ぺろは4~5歳まで母の言葉しか聞き取れませんでした。
ぺろは、話の内容よりも先にイントネーションや声の高低に気を取られるタイプの自閉っ子なのです。
その為、慣れた母の言葉でないと話の内容に注意を向けることができませんでした。

これは、ぺろが母から離れられない子供だった大きな理由の一つでもありました。
母以外の人が何を言っているのか聞き取れないですからね。
不安過ぎますよね。

今回、母の囁き声に気を取られたのでオウム返しをしたのだと思うのですが、
話の内容を聞き取れていますし、母の声の調子がいつもと違うことも受け入れてくれています。

成長ですね~。

だいぶ成長してくれたぺろですが、やっぱりまだ気分屋の人の話を聞き取ることは難しいようです。
その時々で声のトーンが変わる人だと、そのトーンに気を取られてしまうのですね。
あと、気分屋さんは早口の人が多いように感じます。

声のトーンがその時々で変わる人・早口の人・方言のキツイ人などに対応できるようになるには
かなりのスキルが必要ですね。
いつか対応できるようになるかな~。
難しいかな~。

今回の母の風邪で、ぺろがいつもと違う母にたいしたダメージを受けないことが判明しました。
これもまた、ぺろの成長を確認できる良い機会でした。


←ランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします
          全くぺろに風邪が伝染らなかったことが何より助かりました。
          夜中なんかべったりくっついているのにねぇ。良かった良かった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。